注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

我的博客

何でもみてやろう

 
 
 

日志

 
 

ドイツの国風より、アジア民の意識思惟を読む  

2013-09-23 12:30:27|  分类: 社会说中国 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

   まずこの遠い国度から、ドイツのメルケル首相の連任成功を誠にお祝いいたします。これは、ドイツ民の福祉だけではなく、全世界民の希望の火を灯しました。

 世界に注目されるヨーロ圏の信用不安の危機に対して大きく影響力を持つドイツの民、ドイツの各政治党派が、最終、正しい選択を出したことは、とりもなおさず世界の学ぶモデルになったことであります。それぞれ意見の分岐があっても、ともに国家の発展、民の生活のために一致して努めるべきであります。そうではありませんか。

 逆に、日本の「福島大震災」の時、民生に関わる鍵の時こそ、当時在任する元菅首相が退任の正念場を迎えてきました、ということがあります。

 もう一例、今の台湾の政局であります。各党派は、事実に基づいて事を論争するではなく、人あるいは政党によって是非を定めるとは!民衆に与える指導思想は何かと疑問が残っています。

 さらに、最近、タイの「反政府騒乱」は、アジア民の思想基礎に裏付けた証です。現任インラック政権の地方農民たちと都市貧困層に支える利益のバランスの取れた政策に対し、中間層と官僚連中などの「わが利益を害するな」という「自腹保護」の担当ない自私行為の横行する意識ばかりです。まさに「民主政治の自殺行為だ」という外に何もなりません、そうではないでしょうか。

 ドイツの国風から、アジア民としては聞き分るのは何でしょうか。

  评论这张
 
阅读(19)| 评论(0)
推荐

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017