注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

我的博客

何でもみてやろう

 
 
 

日志

 
 

中日文对译小说连载  

2011-06-17 18:23:13|  分类: 中日文对译《失乐 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

                                                                         秋       天

 

「でも、こちらは好んで閑になったわけではない」

“不过,我可不是因为喜欢才这么闲的”

 

「それはわかるが、俺もそろそろお前のように仕事はほどほどにして、好きな女性と恋愛三昧といきたいものだ」

 “这个明白。我也尽快如你一样工作差不多就行了,打算和喜欢的女人谈一场恋爱三弦曲呀!”

 

「おいおい、そんなことじゃないんだ」

 “唉呀唉呀!可不是那样的”

 

「男があくせく働くのは、とどのつまり、いい女を捕まえて、自分のものにするためで、これは自然界のすべてに共通する。オスは懸命に餌を獲り、相手を倒して、最後に得ようとするのはメスの体と愛情だ。それが欲しいばかりに死闘を繰り返す」

“男人忙忙碌碌工作,到头来还不是为了给自己讨个好女人。这是自然界共通的。雄性拼命地打到对手来获取饵料,最后想要得到的就是雌性的身体和爱情。就因为那个愿望才不断地拼死搏斗。”

 

まわりの客に聞かれるのではないかと、久木は不安になるが、衣川はかまわず続ける。

 会不会被旁边的客人听到啊?久木有些不安。而衣川却不在乎继续说。

 

「別に、お前に刺戟を受けたわけでもないが、このごろ、なにか無性に恋をしたい。凄く素敵な女性とロマンチックな恋をね。年齢をとったのに、おかしな話だ」

“也不是说特别受到你的刺激。最近,总觉得非常想谈恋爱。跟出色的女性来一场罗曼蒂克之恋。这把年纪了,想这些有点过分。”

 

「いや、それは逆で、年齢をとったから、そうなるのだろう」

 “不是,正相反。就是因为上了年纪才会那么想的吧”

 

「とにかくこのままでは、大きな忘れ物をしたまま、人生を終わるような気がする」

 “总之,感觉就这样了此一生的话,就好像丢了什么重要的东西似的”

 

 これまで、衣川はどちらかというと仕事一筋の男であった。社会部にいたときも、ときの政治や社会問題について熱っぽく語るだけで、艶めいた話はほとんどなかった。出版社にいる久木から見ると、いささか融通のきかない硬骨漢のイメージがあるだけに、いまになって、「恋をしたい」などといわれると、別人に会ったような気さえする。

 无论从哪方面来说,衣川一直是一个只埋头于工作的男人。在社会部时也是如此,他只热忠于讲一些有关于当时的政治、社会问题的话题,桃色新闻几乎不谈。从就职于出版社的久木来看,对衣川的印像,他只是一个不善融通的硬汉子。现在,却听他说“想谈恋爱”,感觉有点陌生感。

 

この変りようは、カルチャーセンターのように多くの女性を相手にする職場にいるせいか、それとも自らもいうように、年齢のせいなのか。

如此的变化,是因为他工作于女性同事较多的文化中心的原因?还是如他自己所说,是由于年龄的问题?

 

「しかし、俺はもう駄目かもしれない」

 “但是,我可能不行了”

 

自ら恋いをしたいと宣言しておきながら、突然、衣川は弱気なことを言い出す。

衣川自己宣称想谈恋爱,却又突然说起了丧气话。

 

「恋をするには、まず大変なエネルギーと勇気がいるだろう」

“谈恋爱,首先要有相当的能量和勇气吧”

 

それは、久木自身がすでに実感しているところである。

 关于那一点,久木已经有了切身的体会。

 

「とにかく、サラリーマン社会は厳しい。お前は左遷されたからいいけど、俺ははっきりいって、そこまでいっていない。エリートというわけではないが、まだ少しラインにつながっている。今の立場で色恋沙汰が見つかったら、なにをいわれるかわからない。今の日本の社会は嫉妬と中傷のかたまりみたいなものだからな」

“总之,工薪社会是很残酷的。你因为出线了还可以(随心所欲)。坦白说,我做不到你那样。虽然谈不上是什么精英,却还算在圈内。就现在的立场要是被发现有艳事,还不知被怎么议论哪?因为现在的日本社会就好比是一个嫉妒和中伤的群体。”

 

「たしかにエリートほど、自由がきかないかもしれない」

 “的确是,越是精英就越是没有自由”

 

「それに、先立つものはやはりカネと暇だろう。金がなければ気持ちの余裕もできない」

 “而且,先决条件还是钱和时间吧。没有钱的话,也不会有那个闲情”

 

 衣川はそういってから、少し投げやりな口調で、

  衣川说完那些之后,接着用调侃的口气说。

 

「お前は金があるからいい」

  “你有钱,没问题”

 

「そんなことはない」

 “没那回事”

 

言葉では否定してみるが、いまの久木の立場は、同じ年齢の他の仲間にくらべて少し恵まれているかもしれない。年収は額面で二千万円近いし、親から受け継いだ家が世田谷にあり、一人いる娘はすでに嫁いでいる。さらに妻は、陶器のメーカーでアルバイトをしているから、かなりの小遣いを自由に使うことができる。

 话虽然是看似否定了。但是,久木现在的处境,比起同龄人来说可能是优越的。年薪总额将近2000万日圆,从父辈那里继承下来的家位于世田谷,有一个女儿已经出嫁。再者,妻子也在一家陶瓷工厂打工,久木可以自由支配相当的零用钱。

むろん凛子との恋のためなら、それなりの金も惜しくはない。そう思っていると、衣川が酒を注いでくれる。猪口としては薄い白の陶器なので、注がれた酒が琥珀色に輝いて見える。

当然,为了跟凛子的恋爱,是不惜这点儿钱的。久木心里这么想。这时,衣川来斟酒。清析可见淡白色的陶瓷小酒杯里,注入的酒水闪着琥珀色的光。

 

それを手に持って眺めているうちに、久木の脳裏に凛子の白い肌が甦る。

 久木持杯细看时,大脑里闪现出了凛子那白皙的肌肤。

 

いまごろはなにをしているのが、考えていると、それを見透かしたように衣川がつぶやく。

 此刻她在做什么哪?久木在想。这时,衣川好似看穿了久木的心情似的,说。

 

「しかし、お前は元気で羨ましい」

 “但是,令人羡慕,你这么精神”

 

 少し冷やかすような口調なので、セックスのことをいっているのだと気がつく。

    听起来口气带点冷嘲,就意识到说的是床上事。

 

 「逢う度に、しているのだろう」

   “每当见面时,要的吧”

  评论这张
 
阅读(15)| 评论(1)
推荐

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017