注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

我的博客

何でもみてやろう

 
 
 

日志

 
 

中日文对译小说连载  

2011-03-28 17:55:52|  分类: 中日文对译《失乐 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

                                                                             落    日

  

 調査室に回って三ヵ月経った去年の末、新聞社のカルチャーセンターに勤めている衣川という友人から、講演をしてくれないかという依頼があった。内容は「文章の書き方」という講座で、三十人近い受講生がいるが、そこで文章について話をしてほしいということだった。

久木转职调查室工作三个月后,也就是去年年末。在报社文化中心工作的一位名叫衣川的朋友,拜托久木“来我们中心做一次讲演怎么样?”。演讲内容是关于“文章的写作方法”,有近三十人听讲。就是说希望演讲有关文章的话题。

 

久木はとくに実作者でもなく、ただ出版社にいて本を作ってきただけなので、そんな話はできないと断ったが、衣川は、あまり大袈裟に考えず、これまでいろいろな人の文章を読んでほんにしてきた経験を語ってくれるだけでいいという。さらに、衣川に「いま、暇なのだろう」といわれて久木は気持ちが動いた。

久木并非专业的实战作者,只是负责编辑出版成书而已,那样的话题讲不了,所以拒绝了邀请。可是衣川对久木说,不要顾虑太多,讲一讲自己在工作中读过的各式各样作者的文章,然后制作成书的经验就可以。再加上,“你现在不是闲着吗!”让衣川这么一说,久木动心了。

 

衣川が声をかけてくれたのは、ただ講演を依頼したいためでなく、閑職に回された久木を、少し勇気づけてやりたいという気持ちからのようである。

衣川的邀请,本意并非单单是为了演讲,而是希望给予被降职的久木以勇气。出于这种心情才那样做的。

 

もともと衣川とは大学時代に同期で、ともに文学部を卒業してから衣川は新聞社、久木は出版社と勤め先は別れたが、ときどき会って酒を酌み交わすあいだがらだった。六年前、久木が出版部長になったのを追いかけるように、衣川も文化部長になったが、三年前、突如、都内のカルチャーセンターに出向することになった。その異動が衣川にとって好ましいことなのか否か、よくわからなかったが、「俺もいよいよ出るよ」と言っていたところを見ると、やはりまだ本社のほうに未練があったのかもしれない。いずれにせよ、ラインを外れたという意味では衣川のほうが先輩で、それだけに久木のことを気遣って、声をかけてくれたようである。

原本久木和衣川是大学的同窗,同届文学系毕业后,衣川就职于报社,久木就职于出版社。尽管就业单位不同,可是他们俩时不时就见上一面喝上两杯。六年前,久木升职为出版部长,衣川也好象比赛似地升为文化部长。三年前,衣川突然被调职到都内的下属文化中心工作。那次变动作为衣川来说,满意与否不得而知。但从他说过的“我也渐渐出线了”这句话来看,可能还是留恋原公司的。不管怎么说,从“出线”这一点来看,衣川是前辈。也正因此吧,才如此关照久木给予支持。

 

そう気付いて、久木は素直に彼の依頼を受け入れ、決められた日の夜にカルチャーセンターに出かけていった。そこで一時間半ほど講演をしたあと衣川と食事をしたが、そこに一人、女性が同席した。衣川は同じセンターで、書道の講師をしている人だと紹介してくれたが、それがまさしく凛子であった。

久木感知到这一点,所以欣然答应了衣川的邀请。在约定之日的晚上,久木如期来到文化中心。一个半小时左右的演讲结束后,久木和衣川一起吃了饭。就在吃饭的时候有一位女士同桌。衣川介绍,那位女士是同一文化中心的书法讲师。此人正是凛子。

 

あのときもし衣川の誘いに応じなかったら、そして彼が凛子を食事に連れてこなかったら、二人の出会いも、今のただならぬ関係も生まれなかったことになる

 如果那时没有答应衣川的邀请,他又没有带凛子一起来吃饭的话,俩个人的相遇,还有现在不一般的关系也就不会发生了。

 

凛子との出会いを思うとき、久木はきまって恋いの不思議さというか、宿命的なものを感じてしまう。

每当想起与凛子的邂逅时,久木总会感悟到所谓“宿命”,所谓“恋爱的不可思义”。

 

衣川に紹介されて凛子と会った瞬間から、久木はあるときめきに似た心の高ぶりを覚えた。

在衣川介绍和凛子相识的那一瞬间,久木醒觉到自己近乎“怦怦”跳动的心之高涨。

 

正直いって、久木はこれまでも、妻以外の女性と関わりがなかったわけではない。若いときはもちろん、中年になってからも付き合っていた女性はいた。その中の一人は、久木のヌーボーとしたところがいいといったし、もう一人は、年齢に似合わぬ少年っぽさに惹かれた、といってくれた。久木は自分が別に茫洋としているとも、少年っぽいと思ったこともない。それだけに妙な褒められ方だと思ったが、あとで自分の女性への接し方には、そんなところがあるような気もしてきた。

坦白说,久木并不是没有和妻子以外的女人交往过。年青时就不用说了,到了中年以后也还有交往的女人。其中一位女性说,久木的“新潮”观念有魅力。还有一位说,被久木与实际年龄不相符的朝气蓬勃所吸引。而久木从没考虑过自己是充满朝气的,还是特别深沉的。认为那些都是奇妙的赞许而已。但是,后来在与女性的交往过程中,发现自己的确是那样子的。

 

それにしても、凛子との近づき方は、少年っぽいというのか、自分でも戸惑うほどの一途さであった。

虽说如此。与凛子的交往,是所谓充满朝气的吗?久木自己也弄不懂了。

  评论这张
 
阅读(44)| 评论(1)
推荐

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017